年配者のサポートはこれから必要になる!皆で支えることが大切だ!

介護職のメリットとは

大好きなおじいちゃんやおばあちゃんのお世話を仕事にすることができる。

介護の仕事でなんといっても魅力は、大好きな祖父母と同じような方々のお世話ができることである。いつもおじいちゃんやおばあちゃんの近くで仕事ができ、役に立つこともできる。自分なりに勉強して一生懸命お世話ができる。そう思うとなんだか幸せなような気がする。しかし介護とは様々なお年寄り、つまりやさしかった、面倒をみてもらった人たちへのお世話である。介護状態になれば、昔の面影も少しなくなり、気弱になったり、ものを忘れたり、とりとめなくなったりと全身機能が落ち、脳の機能も低下し、身体の衰えと脳の機能の衰えで、なんでもでき、他人の面倒をみていたり、立派に仕事をしていた方々が老化のため疾病をかかえたり、筋肉や運動機能が落ち自分でだんだんと自己の管理ができなくなる。仕方のない、自然な現象であるがご本人も家族も困惑してしまうものである。なるべく家族とともにいたいと思う心情と家族が負担のない介護ができないかがこれから高齢化時代になりますます若いうちから考えていきたいものである。できるだけ負担のないやさしくできる介護を行いたいものである。まるでわからない方はセミナーなどでシュミレーションしてみよう。

セミナーなどで実際の介護を勉強してみよう

介護の実際はとても大変である。神経質にならないでやさしく行おうとしても、認知症状でふらふらしたり、そこで転ばれたらなど心配ごとがたくさんある。段差や食事の柔らかさ、好み、なかなか一緒のものは食べれなくなっていく。セミナーに参加することで、レトルト食品を見てみたり、段差などのなくす用品など実際に見てみたりするとわかりやすいと思う。全部やろうとするとパンクしてしまう。プロの方々の意見やケアの実際など様々な会社などのセミナーがあるため参加してみよう。そしてどのような手段があるのか知ろう。他にもどの程度簡単にいろいろな段差をなくすことが出来るか、手すりや食事サービス、入浴もケアが介護点数でできることなどがわかってくれば、安心感や現実味がどんどんでてくる。大変だけでなく、いかに適切な介護を組み立てていくのか分かるし、自分なりにどの程度仕事などしながら関われるか、また仕事として介護はできるのかなど考ええていける機会になると思う。いろいろなセミナーがあるので選びながらできるだけ自分が負担なく安全な介護ができるか頭でわかってくるようにプロの方のセミナーに参加してみよう。